TOEIC

時間が足りない?TOEICリーディングパートの時間配分を解説!

Pocket

悩んでいる人
TOEICを勉強しているけどリーディングの時間が足りない

悩んでいる人
各パートの時間配分がわからない…

このような悩みを持つ人は多いと思います。この記事ではTOEICリーディングパートの時間配分について解説していきます。

TOEICとは何かを知りたい方は過去記事でご紹介していますのでぜひそちらを御覧ください。
TOEICとはどんな資格?メリットとデメリットを解説

TOEICリーディングパートの時間配分

Part5の文法問題は全30問を10分を目標にして解いてください。1問あたり平均20秒で解く必要があります。

Part6の長文穴埋め問題も全16問を10分を目標にして解いてください。1問あたり平均37秒で解く必要があります。

Part7の長文問題は全54問を55分を目標にして解いてください。1問あたり平均60秒で解く必要があります。

Part5を10分で解くためのポイント

Part5の文法問題はTOEIC全体を通して比較的点数を伸ばしやすいパートです。Part5を素早く終わらせることで長文問題にあてる時間を増やすことができます。
では、どのようにしてPart5を10分で終わらせることができるのでしょうか?

Part5は文章を全部読まない

Part5には英文を全部読まずに解ける問題があります。全文を読まないことによって解答時間を短縮することができます。そのため、空欄の前後を見ただけで解けるかどうかを瞬時に判断する力が必要です。

接続詞や語彙を問う問題は全文を読む必要がある場合が多いです。一方、代名詞や品詞、前置詞などの問題は全文を読まずに解ける問題である場合が多いです。

少しでも悩んだら次に進む

文法問題は知っているか知らないかなので1度見てわからないと悩んでも結局正解できないことが多いです。問題を読んでわからないと感じたら選択肢の中で1番合ってそうだと思う番号をマークしましょう。

Part6を10分で解くためのポイント

Part6は長文の中にある空欄に当てはまる選択肢を選ぶ問題です。それぞれの問題が独立しているのでPart5のような問題がほとんどです。

解き方としてはPart5と同じ感覚で進めてください。

文挿入問題は捨てても良い

Part6には文法問題以外に空欄に当てはまる文章を選ぶ問題があります。この問題は文章全体を理解しなければならないので難易度が高いです。もし、900点以上を目指さないならばわからない場合はすぐに飛ばしてしまっても構いません。

Part7を55分以内で解くためのポイント

リーディングパートで1番問題量のあるPart7は集中力が重要です。Part7を解き始める前に1度目を閉じて深呼吸して気持ちを落ち着かせてから臨みましょう。

まずは設問を読もう

問題文を読む前に設問を読むことによってどのような内容の文章であるか、どのような部分に注意して読めばいいかを知ることができます。また、設問の答えと問題文の順番はおなじになることが多いです。

取れる問題を確実に正解する

リーディングパートには間違いの選択肢を選ぶNOT問題や文挿入問題があります。これらは難易度が高く時間がかかることが多いので悩んで時間を使うくらいなら捨ててしまってもいいかもしれません。

※たまに、長文問題も問題文を全部読まなくていいという方がいますが私は問題文を全部読んだほうが良いと考えています。長い文章の中で答えを探すことで余計に時間がかかる場合があります。

まとめ

TOEICリーディングパートの時間配分は以下のようになります。

時間配分

Part5 10分
Part6 10分
Part7 55分

上記で述べたポイントを意識してリーディングパート全100問を解ききれるように頑張りましょう!

TOEIC初学者向けの勉強法を公開していますのでそちらも御覧ください。

【初心者必見】TOEIC勉強法を3段階でわかりやすく徹底解説!

-TOEIC

© 2021 English Power Labo Powered by AFFINGER5