TOEIC

院試のためにTOEICは何点取ればいい?有効期限も詳しく解説!

Pocket

悩んでいる人
院試でTOEICのスコアが必要らしいけど何点くらい取ればいいの?

悩んでいる人2
昔受験したときのスコアは使えるの?

この記事ではこのような悩みを持つ大学生の方に向けて院試のためのTOEICについて詳しく解説していきます。

TOEICとは何かを知りたい方は過去記事でご紹介していますのでぜひ御覧ください。

TOEICとはどんな資格?メリットとデメリットを解説

 

院試に必要なTOEICのスコアは?

大学院によって必要とされているTOEICのスコアは異なるので正確には言えませんが

目安

文系大学院 750点
理系大学院 700点

を目安にするといいと思います。
ただしあくまで目安なので詳しいスコアは事前に調べておきましょう。

 

文系大学院は750点

文系大学院は理系に比べて高いスコアを要求されます。もし英語が苦手だと感じているなら早めの対策をしたほうがいいです。

ちなみに日本で1番高いTOEICのスコアが要求される大学院は早稲田大学大学院 法務研究科の900点です。

自分には絶対ムリだ…
と落ち込んだ方も安心してください。

一般的な地方国公立の大学院では750点ほどあれば有利に院試を進めることができます。
ただ、旧帝大学院を目指す方は800点以上取れるように準備しておきましょう。

理系大学院は700点

理系大学院も求められるスコアにばらつきがあります。地方国公立大学院なら600点、旧帝大学院なら700点、東大・京大・東工大の大学院は800点を目安にしてください。

理系は英語が苦手な方が多いので早めの対策を心がけましょう。

院試でのTOEICの有効期限は?

ほとんどの院試では出願から遡って2年以内のTOEICスコアを有効としています。出願日から逆算して学習計画を立てて高スコアを目指しましょう。

TOEICスコアの公式認定証は試験日から30日以内に受け取ることができますが、すぐに受け取れるというわけではないので出願日に間に合うように試験を受けましょう。

まとめ

院試を受ける方は文系なら750点、理系なら700点をTOEICの目標スコアにしましょう。また、有効期限は2年なので計画的に学習を進めましょう。

TOEIC初学者向けの勉強法を公開していますのでそちらも御覧ください。

【初心者必見】TOEIC勉強法を3段階でわかりやすく徹底解説!

-TOEIC

© 2021 English Power Labo Powered by AFFINGER5